ユネスコ文化遺産~宗廟祭礼~

年に1回の行事「宗廟祭礼」を在韓外国人が取材!


QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

韓国在住の外国人が韓国のユネスコ文化遺産の魅力を発信!~第1回  宗廟祭礼~

 
先日5月1日、宗廟にたくさんの外国人の姿が!実は、海外文化広報院の行事が行われていたのです。韓国に住む外国人に韓国のユネスコ文化遺産(特に無形文化遺産)を体験してもらいその魅力を紹介し、さらに世界にも発信していくことを目的に行われている行事で、今年は全部で6回行事があります。その第1回目のテーマが「宗廟祭礼」でした。
 
毎回、無形文化遺産+その他関連観光地を巡るのですが、今回は「宗廟祭礼+宣靖陵」でした。宗廟祭礼は年1回ですが、会場になった宗廟は観光地としていつでも観覧できますし、宣靖陵も江南エリアにある有名な観光地です。ぜひみなさんも足を運んでいただければと思い、今日はこの2つのスポットについて紹介したいと思います^^
 
■まずは宣靖陵を見学!
 
・宣靖陵とは?
 
ユネスコ,宣靖陵,宗廟
 
ユネスコ,宣靖陵,宗廟
 
宣靖陵(ソンジョンルン)は、朝鮮王陵です。宣陵は、朝鮮第9代王の成宗(ソンジョン)と王妃、貞顕 (チョンヒョン) 王后ユン氏の陵。一つの丁字閣を間に挟み向かい合っている陵で、西側に成宗、東側に貞顕王后の陵があります。成宗は、教育と文化の振興に力を注ぎ、世宗と世祖の時代に基礎が形成された朝鮮前期の文物制度を完成させたという評価を受けています。朝鮮時代に国を治める基準となった最高の法典である『経国大典』を完成させました。
 
靖陵は、朝鮮第11代王の中宗(チュンジョン)の陵。中宗は、趙光祖を登用し、王道政治を実現した王として知られています。史蹟第199号である宣靖陵は、2009年にユネスコ世界文化遺産に登載されました。
 
・文化解説士の詳しい説明付のツアーを実施
 
ユネスコ,宣靖陵,宗廟 
 
今回の行事には、日本人7名、フィリピン、カザフスタン、エクアドル、アメリカ、ブルガリア、ウズベキスタン、カンボジア、ラオスの12名が参加!そこで、専門的な歴史解説のできる文化解説士さんを日本語担当&英語担当の方それぞれ1名ずつにお願いし、約1時間、詳しい解説を聞きながら 宣靖陵を巡りました。
 
ユネスコ,宣靖陵,宗廟 
 
解説がないと、よくわからないまま通り過ぎてしまったり、重要なポイントを見逃してしまったりしますが、とても丁寧な解説だったので、参加者のみなさんはもう宣靖陵にすっかり詳しくなってしまったのではないでしょうか?
 
■韓国の薬膳料理で腹ごしらえ!
 
ユネスコ,宣靖陵,宗廟
 
午前中に宣靖陵を見学した一行は、お待ちかねのランチタイムへ!宣靖陵近くにある「ゴメホーム」というお店で、韓国薬膳料理を楽しみました。ジョンやプルコギなど、ずらりと並べられた料理とともに、なんども記念撮影をしていましたよ~!辛くないものも多く、外国人の方におすすめです。また、このお店は、ベジタリアンや宗教上食べられないものにも合わせて料理をしてくれますよ^^
 
■いよいよメインの宗廟祭礼へ!
 
・宗廟とは?
宗廟(チョンミョ)は、朝鮮王朝の歴代の王と王妃、追尊された王と王妃の位牌をまつった儒教祠堂で、朝鮮王朝500年余りの間はもちろんのこと、現在に至るまでも祭礼の伝統が受け継がれている場所です。現在、正殿には18室に49位、永寧殿に16室34位の位牌がまつってあり、正殿の前にある功臣堂には、王たちの功臣83位がまつってあります。史蹟125号として、1995年にユネスコ世界文化遺産に登載されました。
 
・宗廟祭礼とは?
 
ユネスコ,宣靖陵,宗廟 
 
現在、年に1度、毎年5月の第1日曜日に行われる盛大な行事。
 
宗廟で歴代王朝の先祖のために行う祭祀を宗廟祭礼(チョンミョジェレ)といい、朝鮮王朝の祭祀の中で一番規模が大きく、重要なことから宗廟大祭とも言われています。朝鮮時代には、春夏秋冬4つの季節と12月の毎年5回、定時祭を行なうだけでなく、良いことや悪いことが起きた時や穀物と果物が生産される時期にも臨時祭を行いました。
 
祭祀は、王様をはじめ皇太子、様々な祭官(祭事を行なう役人)、そして臣下など700人あまりが参加する国家祭祀でした。宗廟祭礼は大きく分けて、神を迎える儀式、神をもてなす儀式、神を見送る儀式で構成されています。
 
宗廟祭礼のすべての儀式には、歌と楽器演奏、そして踊りが伴い、その際に演奏される音楽と踊りのことを「宗廟祭礼楽」といいます。2001年にユネスコ無形文化遺産に登載されました。
 
・プレス席から宗廟祭礼を撮影!
 
ユネスコ,宣靖陵,宗廟 
 
ユネスコ,宣靖陵,宗廟 
 
宗廟祭礼は、とにかくたくさん人が訪れるため、入場には長打の列ができていました。中に入れない人は、外のモニターで行事を見ているほどです。
 
ですが、今回この行事に参加した外国人のみなさんは、自分でブログやSNSを運営しているメンバーばかり!そこで、特別にプレス席を少し借りて、壇上から祭礼の様子を撮影しました。
 
ユネスコ,宣靖陵,宗廟 
 
ユネスコ,宣靖陵,宗廟 
 
厳かな雰囲気の中、行事は司会者の解説付きのもと進められていきました。様々な場面をカメラにおさめていく参加者のみなさん!これはなかなかできない、貴重な体験ですよね?!来年もまた宗廟祭礼が開催される予定なので、みなさんもぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?
 
 
■ホームページをチェック!
 
韓国在住の外国人がユネスコの魅力に触れていく行事に関する情報は、こちらのホームページで確認することができます^^→ http://heritageinkorea.kr/ 
 
また、参加者のレビューも見ることができますよ♪→ http://heritageinkorea.kr/Forums/forum/forums/ 
 
さらに、今後は一般公募で参加者を募集する回もありますので、ぜひ情報をチェックしてみてはいかがでしょうか?^^

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)