河東郡 双渓寺 쌍계사

この寺は、 新羅聖徳王21年に大悲和尚と三法和尚が、 唐の国から六祖の頂相を持ち帰り夢の中で、智異山谷雪里葛花処に奉安せよ」という啓示を受け、虎の導きをもってこの場所を見つけ出し寺を建てて祖師を奉安して玉泉寺と名づけた.

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

双渓寺
この寺は、 新羅聖徳王21年に大悲和尚と三法和尚が、 唐の国から六祖の頂相を持ち帰り夢の中で、
智異山谷雪里葛花処に奉安せよ」という啓示を受け、
虎の導きをもってこの場所を見つけ出し寺を建てて祖師を奉安して玉泉寺と名づけた.
その後、 文聖王2年に韓国仏教の梵唄宗長である眞鑑国師が中国留学を終えて、
茶の種子を持ってきて智異山の周辺に植えてから大伽藍に建立した。
後に、 定康王が禅師の道風を偲んで「双渓寺」という寺名を賜った当寺は、
国宝1点、宝物2点の指定文化財や、 一柱門、 天王像、 頂相塔、 四天王像など数多くの文化遺産と、
七仏庵、 国師庵、 仏日庵などが境内にあって、
西部の慶尚南道一円の寺刹を総覧する曹溪宗25個の本寺中の一つでもある。

双渓寺

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)