河東郡 茶始培地 차 시배지

新羅善徳女王の時代、唐から初めて茶が入って来たという。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

茶始培地


新羅善徳女王の時代、唐から初めて茶が入って来たという。
興徳王 3年(828)に金大廉が唐から緑茶の種を持ち込み、王命で智異山脈のこの場所に初めて植えたという。
河東邑から国道 19号線に沿って花開三叉路を経て、10里桜通りを過ぎると、
双渓寺の近くの石門と新村の村の間に茶の始培地がある。

茶始培地


韓国茶の始培地である花開は、多くの緑茶を生産していて、竹の露を食べて育った雀の舌ほどの新芽を、
早春に摘んで製造するというので雀舌茶、または竹露茶と呼ばれていて、
疲れをとり頭をすっきりさせる効果がある。

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)