河東郡 平沙里崔参判宅 평사리 최참판댁

東学革命から近代史までが舞台の、韓民族の大叙事詩、 朴景利(韓国の女流小説家)の大河小説 “土地”の背景であるここ平沙里には、 小説の中の崔参判宅が韓屋14棟で造られており 、 朝鮮後期韓国民族の生活の様子を現した草庵、遺物等、ドラマ“土地”のセット場もある。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

平沙里崔参判宅

平沙里崔参判宅
東学革命から近代史までが舞台の、韓民族の大叙事詩、
朴景利(韓国の女流小説家)の大河小説 “土地”の背景であるここ平沙里には、
小説の中の崔参判宅が韓屋14棟で造られており 、
朝鮮後期韓国民族の生活の様子を現した草庵、遺物等、ドラマ“土地”のセット場もある。

平沙里崔参判宅

平沙里崔参判宅

毎年秋には全国文人たちの文学祭である土地文学祭がこちらで開催され、
文学村として位置づけされる見込みで、また小説の中の2人の主人公をキャラクターとして開発し、
観光商品にして販売している

 

智異山
智異山の巨大な尾根が南へ枝打ちした南の尾に当たる聖帝峰の下に、広い平野地帯が広がっている。
朴景利先生の大河小説「土地」の舞台として有名な岳陽平沙里は、纎津江の恵みを一身に受けた地だ。
平沙里のある岳陽は、中国の岳陽に似ているということで付けられた名前であり、
中国にある地名を取って平沙里の川辺の砂場は金堂、砂場の中にある湖は洞庭湖と呼ばれた。
河東郡岳陽面は 2009年2月6日に韓国では 5番目、世界111番目に認証を受けたスローシティー(SlowCity)で、
すべての茶を含めて、茶栽培地としては世界最初であり、特別な意味がある。

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)