河東郡 花開市場 화개시장

慶尚南道と全羅道をつなぐ花開市場は、解放前まで韓国5大市場の1つとして、 全国どの市場より多くの人で賑わった所だ。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

花開市場
慶尚南道と全羅道をつなぐ花開市場は、解放前まで韓国5大市場の1つとして、
全国どの市場より多くの人で賑わった所だ。
ここは普通5日市が立ち、智異山の火田の人たちはワラビ、蔓人参、じゃが芋等を持って来て売り、
全羅道の求禮、慶南、咸陽など内陸地方の人は米を持って来て売った。

花開市場
そして全国を回った背負い商たちも生活用品を持って来たし、また麗水、光陽、南海、三千浦、忠武、
巨済等の人々は海路を利用してわかめ、
海草、さばなどの水産物をいっぱい積んで来て、この花開市で売った。
今は伝統の市場の役目はあまり大きくないが、2000年常設化開場してチョ・ヨンナムの“花開市”の歌碑、
背負い商造形物、小説“駅馬”公園などを造成して、ここを訪れる人に多様な見どころを提供している。

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)