河東郡 三聖宮 삼성궁

青岩面黙渓里にあり、韓民族の霊山である智異山の懐深く青岩面青鶴洞の山道を回って1.5Kmほど歩くと、 海抜 850mに三聖宮がある。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

三聖宮
青岩面黙渓里にあり、韓民族の霊山である智異山の懐深く青岩面青鶴洞の山道を回って1.5Kmほど歩くと、
海抜 850mに三聖宮がある。
この三聖宮の正確な名称は智異山青鶴仙苑倍達聖殿三聖宮で、
この里出身のカン・ミンジュ(ハンプルソンサ(仙士))が 1983年に古朝鮮時代の蘇塗を復元した。
民族の聖祖である桓因、桓雄、檀君に仕えた倍達民族聖殿として民族の正統道脈である仙道を守り、
神仙道を遂行する民族の道場として知られつつある。

三聖宮

 

修行者たちは夜明けに起きて三法修行をして、朝日に敬排を捧げてから、朝の禅食を食べて、
伝統武芸と禅務に励み、午後はソッデ(村の守りとして木の鳥をつけた棒)を立てたり畑を掘り起こしたりして、夕方には法文を勉強する。
ハンプルソンサと修行者たちが、ここが蘇塗ということを知らせるために作ったソッデは1000を超える。
韓半島と満洲を象徴して造られた池、真昼にも一点の光も入らない土窟、展示館、
伝統茶屋アサダル(阿斯逹)、天宮、宿所などが、石臼・臼・きぬたなどを使った道と垣根と一緒にある。

観光する探訪客が宮の入口にあるどらを三度打てば、中から修行者が出てきて迎える。
探訪客の中の一人は、高句麗式道服に着替えて案内を受けなければならない。
一年に一回、秋の紅葉の季節になると一般人に開放して、開川大祭という行事を開くが、
この時ハンプルソンサと修行者たちが磨いた武芸を見物することができる。

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)