河東郡 白蓮里陶窯址 백련리 도요지

白蓮里焼き窯跡は、16世紀末か17世紀初めのものと推定されていて、粉粧、粉青、白磁、象嵌白磁などを焼いた所であり、白蓮里磁器村と村の後方の山に4つの焼き窯の跡がある。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!



白蓮里焼き窯跡は、16世紀末か17世紀初めのものと推定されていて、粉粧、粉青、白磁、象嵌白磁などを焼いた所であり、白蓮里磁器村と村の後方の山に4つの焼き窯の跡がある。この中の1つは統一新羅時代のもので、残りの3つは朝鮮時代のものだ。 ここから出土される器の種類は平鉢、お皿、どんぶり、瓶、かめ、水筒、杯などと多様で主に生活用の器を焼いた所と思われる。 陶磁器を作る粘土は、灰色だが砂のような不純物がたくさん混ざっていて、荒くて暗い灰青色を帯びた上薬を厚く塗ってある。

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)