昌寧郡 校洞古墳群 교동고분군

古墳群は1918年と1919年にわたって日本人によって初めて発掘され、古墳群の整備計画によって何度かさらに発掘がなされた。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

火旺山の西の裾に位置していた伽揶、新羅時代に造成されと思われる大型古墳群で、松硯洞(ソンヒョンドン)古墳群と共に古代社会昌寧地域の最高支配層の墓と推定され、中心年代は5~6世紀である。古墳群は1918年と1919年にわたって日本人によって初めて発掘され、古墳群の整備計画によって何度かさらに発掘がなされた。古墳の構造は概して横口式または横列式であり、金製装身具を始め、各種馬具類、土器類が大量に出土された。近隣に位置する昌寧博物館には、古墳の築造方式と出土遺物が展示されていて、重要な歴史研究資料になっている。

 

*位置 :? 慶南昌寧郡昌寧邑校里一円

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)