咸安郡 道項・末山里古墳群 도항 말산리 고분군

この古墳群は阿羅伽耶の都だった伽耶邑道項・末山里一円に位置して、燦爛たる伽耶文化を生き生きと見せてくれる遺跡だ。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

この古墳群は阿羅伽耶の都だった伽耶邑道項・末山里一円に位置して、燦爛たる伽耶文化を生き生きと見せてくれる遺跡だ。阿羅伽耶王たちの墓と考えられる 100余基の大型古墳たちは、高い所に列をなしており、その下で 1,000余基にもなる中・小型の古墳たちが分布している。この古墳群は日帝時代に初めて調査されたが、当時第34号の墳は封土の直径が 39.3m、高さが 9.7mもなる最大規模の王陵だった。最近は古墳群の北の端にある馬甲塚から、高句麗の古墳の壁画に描かれたもののような馬鎧が出土し、5人の殉葬人骨が確認されるなど、阿羅伽耶の輝き美しかった威容を確認することができる。


アクセス : 南海高速国道咸安IC→伽耶邑→咸安面方面国道79号線→咸安郡庁→道項末山里古墳群
お問い合わせ : 咸安郡文化観光課 82-55-580-2304~5

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)