宣寧郡 白山・安熙済(アン・ヒジェ)の生家 백산 안희제 생가

抗日愛国志士である白山・安熙済先生が生まれ育った家で、母屋と執事室の2棟から成り立っている。母屋は正面4間、側面2間の八角屋根構造で、執事室は正面4間、側面2間の八角屋根構造だ。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

 

 

抗日愛国志士である白山・安熙済先生が生まれ育った家で、母屋と執事室の2棟から成り立っている。母屋は正面4間、側面2間の八角屋根構造で、執事室は正面4間、側面2間の八角屋根構造だ。
これらの家屋は朝鮮後期の民家の建築様式をよく現していて、歴史的意味の深い所だ。
後方の山には白山先生が学問を修めた高山斎が残っていて、白山の生家は後世の人たちの生きた教育の場として広く活用されている。

観覧時間: 09:00~18:00
慶尚南道宣寧郡富林面立山里168番地
慶尚南道文化財資料第193号

宣寧市外バスターミナルから大邱方面バスに乗車、富林面立山里で下車、徒歩で10分

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)