梁山市 五峯山林鏡台 오봉산 임경대

勿禁邑(ムルグムウプ)と遠東面(ウォンドンミョン)の境界になっている五峯山は、名前どおり5つの峰で成り立った尾根だ。530.8mの第1峰が洛東江のすぐ東にあり、その反対側の北東の方の江西洞の近くに花済峠の手前に第5峰(449.9m)があって、山なみの流れとは反対に低い峰から最後が高い峰に到るようになっている。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

虹龍滝、五峯山林鏡台

林鏡台(イムギョンデ)
勿禁邑(ムルグムウプ)と遠東面(ウォンドンミョン)の境界になっている五峯山は、名前どおり5つの峰で成り立った尾根だ。530.8mの第1峰が洛東江のすぐ東にあり、その反対側の北東の方の江西洞の近くに花済峠の手前に第5峰(449.9m)があって、山なみの流れとは反対に低い峰から最後が高い峰に到るようになっている。この山の峠の頂にはきれいな崔致遠(チェ・ジウォン:新羅時代の学者)の詩が刻まれた林鏡台(イムギョンデ)遺跡がある。林鏡台は五峯山の第1峰の7部尾根にある岩山の頂上で洛東江(ナクトンガン)とその向い側の山や野と合わさって、秀麗な山河を認識することができる立派なの名所の1つだ。洛東江と接した五峯山は登山コースとハングライダー滑降場があって、最近になって山岳人たちとハングライダー同好会の人たちが訪れる数が増加している。

虹龍滝、五峯山林鏡台

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)