巨済 1景 外島 거제 제 1경 외도

地中海の海辺を移したような、異国的な建物と石組で造られている外島ボタニアは、珍しい亜熱帯植物を含めて740種を超える植物が育っている。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

人間と自然が一緒に作り上げた芸術品、外島ボタニア

 

外島ボタニア

 

●外島ボタニア

地中海の海辺を移したような、異国的な建物と石組で造られている外島ボタニアは、珍しい亜熱帯植物を含めて740種を超える植物が育っている。人の手がどれほど細やかで、人の心がどれほど美しいか、この島へ来れば目で見ることができる。この島を最初に手入れし始めた1夫婦の献身と、現在50余名の庭士の誠実な手によって、数百種の木と花が世の中で一番美しい時を送っている。韓国観光公社だけでなく、ネチズンによって韓国最高の観光地にも選定され、KBSドラマ‘冬のソナタ’の最後の場面の撮影地として知られ、国内観光客はもちろん日本など外国人観光客もたくさん訪れる所だ。

外島ボタニア

 

島を覆う濃い花の香り、海金剛の絶景と蒼い青い海、爽やかな海の香りの中、フランス式庭園のベンチに座って静かに流れる音楽を聞きながら、静かに思索にふけり芸術の香りを感じることができる。

 

外島ボタニア

 

●正門

島に入って行く関門としての象徴的意味と、切符売り場の役目を合わせて、岩山の流れが続くように設計されている。

 

外島ボタニア

 

●ビーナスガーデン

元々小学校の分校の運動場があった場所。バッキンガム宮殿の奥庭をモチーフにチェ・ホスク社長が直接構想、設計したビーナスガーデンは、外島海上農園を象徴する代表的な場所として広く愛されている。地中海を連想させる建築物と、あちこちに置かれたビーナス像たち、そして椿のフレームなどがよく調和している。見方によってはとても人工的だが、分校の運動場がそのままビーナスガーデンに変わったことが意味するように、自然を理解して最小限の自然毀損と制限された開発で、自然と人工の調和を維持している。

 

外島ボタニア

 

●ビーナスガーデンの彫像

季節ごとに、青い庭園の所々に置かれた純白のビーナスたちが、訪問者たちの目を捕らえる。

 

外島 アクセス

外島は巨済島から4km離れた島であり、長承浦、臥峴、旧助羅、鶴洞、海金剛、陶蔵浦、総6ヶ所から出発する遊覧船で行くことができる。展望台、彫刻公園、野外音楽堂、休憩施設などが揃っているが、島の中で宿泊は不可能だ。外島観覧時間は1時間30分で、乗って来た遊覧船で帰らなければならない。慶尚南道指定文化財である恐竜窟、恐竜岩、恐竜の足跡がある。海岸線の長さは2.3km。

 

☆ 飛行機

▪ 金浦空港->金海空港->釜山沿岸旅客ターミナル->玉浦及び長承浦行フェリー->下船後遊覧船ターミナル
▪ 金浦空港->泗川空港->空港リムジン利用->統営市外バスターミナルの前で下船->統営市外バス利用->古縣及び長承浦行->遊覧船ターミナル

 

☆ 車

▪ソウル->京釜高速道路->大田を過ぎて35番道路(大田-晋州間高速道路)進入->泗川IC->固城->統営->巨済大橋->巨済島進入->遊覧船ターミナル

 

☆ 高速バス

▪ ソウル南部ターミナル->古縣及び長承浦行->遊覧船ターミナル
▪ ソウル高速バスターミナル->釜山->沿岸旅客ターミナル->玉浦及び長承浦行フェリー->下船後遊覧船ターミナル

 

☆ KTX  列車

▪ ソウル->釜山(KTX)->沿岸旅客ターミナル->玉浦及び長承浦行フェリー->下船後遊覧船ターミナル
▪ ソウル->馬山(一般列車)->馬山市外バスターミナル->古縣及び長承浦行->遊覧船ターミナル

 

遊覧船
 
外島ボタニア
 

●遊覧船利用案内(外島~海金剛)
▪ 運行時間: 06:10~17:00
▪ 予約 : http://www.oedoticket.jp/
※ 予約の時大人 4,000ウォン、子供 1,000ウォン割引

 

●遊覧船利用料金
▪ 長承浦 17,000ウォン(平日)、19,000(週末)
▪ 臥峴 16,000ウォン
▪ 旧助羅 16,000ウォン
▪ 海金剛 16,000ウォン
▪ 鶴洞 15,000ウォン
▪ 陶蔵浦 15,000ウォン
※料金は遊覧船社の事情によって少し差があります。

 

●外島入場料
▪ 大人 : 8,000ウォン
▪ 中・高等学生:6,000ウォン
▪ 子供(満3才以上) : 4,000ウォン

 

 

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)