巨済 7景 只心島 거제 제 7경 지심도

長承浦港から20分程渡し船に乗って行かなければならない島だ。 常に青い常緑樹と様々な木々が原始林を保っている。特に椿が多くて椿島とも呼ばれる。 晴れた日は遠く対馬が見えたりする。藍色の海に青い島1つ。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

只心島

●椿島、只心島

長承浦港から20分程渡し船に乗って行かなければならない島だ。
常に青い常緑樹と様々な木々が原始林を保っている。特に椿が多くて椿島とも呼ばれる。
晴れた日は遠く対馬が見えたりする。藍色の海に青い島1つ。
見方によって神仙の家の庭園のようで、海の上の水盤のようでもある。
空を覆った森の道があちこちにあって、トンネルを通る恋人たちの耳にはメジロとヒヨドリの歌声が優しい
。彼らの沸きあがる愛は真冬でも赤い椿の花に咲く。

只心島

只心島

只心島

●椿の花

只心島の椿の花は、12月初旬から咲き始めて、春の盛りの4月下旬には終わる。5ヶ月程続く開花期には、いつでも椿の美しい花を鑑賞することができる。韓国、中国、日本などの暖かい海岸地方を中心に主に分布する椿の花言葉は、“愼重、気取らない”だ。

只心島

●すくい網釣り

只心島の体験観光、すくい網釣り。すくい網釣りは、椿島・只心島で受け継がれてきた方式で、竹と網で作ったすくい網を海に投げておいて、餌(クリルまたはムール貝の屑)を食べに集まって来た魚をすくい上げて捕る方法だ。別名、反対とも言う。捕獲魚種はチリドム、さより、ほんべら、めばる、あじ、いりこなどで、磯ではムール貝、巻き貝、亀の手などを捕ることもできる。只心島でしか感じることができない、本当の自然を体験できる。

只心島 アクセス

只心島は巨済市一運面知世浦里に属する、面積0.36㎢、海岸線の長さ3.7mに達する小さな島で、最高点は海抜97mだ。長承浦港から出発する定期船があり、夏期と冬期によって運航時間が変わる。
気象状況によって出港可否が決まるので、電話であらかじめ確認した方が良い 。

www.jisimdo.co.kr
▪ 交通問い合わせ: 82-11-872 6565
▪ 宿泊問い合わせ: 82-11-859-7576

●定期船案内

▪ 運営時間: 08:00~16:30
▪ 乗り場: 長承浦港入口で左側 200m(駐車場無料)
▪ 利用料金: 10,000ウォン(往復)
▪ 所要時間: 約15~20分

※料金及び所要時間は場合によって変わることがある
※切符売り場で乗船前にごみ袋を購入しなければならない

 

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)