巨済 1品 柚 거제 제 1품 유자

巨済に柚が入って来た来歴ははっきりと知られていないが、張保皐が文頭王2年(840年)に唐から実で持って来たのが南海岸地域に広がって伝わったと言われている。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

海が美しい巨済、 海洋リゾート都市巨済へようこそ!


巨済柚の由来
巨済に柚が入って来た来歴ははっきりと知られていないが、張保皐が文頭王2年(840年)に唐から実で持って来たのが南海岸地域に広がって伝わったと言われている。

世宗実録、世宗8年(1426年)全羅、慶尚道に柚を植えるようにし、着果量を調査して納めるようにしたという記録があり、東国輿地勝覧には“柚生産地域が慶南には巨済、昆陽、南海、泗川、河東、昌原、能川、機張だ”とあるのを見てその由来が分かる。

 

巨済柚の特徴
巨済柚は年平均気温が13℃以上の温暖な気候で育ち、色が濃く、果皮が厚くて果皮には油包がよく発達していて、香が強くて長く持続するという特徴がある。

 

柚の效能
柚はビタミンCが非常に豊かでストレス誘発ホルモンの生成を抑制し、疲れの原因であるアセトンの蓄積を阻むのでストレス解消に非常に效果がある。

クエン酸、水酸、リンゴ酸などの有機酸は、痛症緩和、消化と血液循環促進などに效果があり、ヘスピリジンは肝臓解毒と疲労回復、病気の抵抗力増大、身体生理活性に良く、リモノイドは発癌抑制效果があり、リモネンは柚の香を出す主成分で、血液循環促進、首の炎症と咳緩和、胃癌、肺癌及び皮膚癌の抑制效果がある。

 

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)