巨済 2品 タラ 거제 제 2품 대구

タラは頭が大きくて口が大きくて大口(テグ=タラ)またはテグオと呼ぶ。顔付きはスケトウダラに似ているが、体の前のほうが厚ぼったくて尾の方はだんだん平たくなる。上あごが下あごよりもっと前方へ飛び出していて、口を閉じると下あごをくるむ形になる。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

巨済の冬の代表!

 

 

タラの特
タラは頭が大きくて口が大きくて大口(テグ=タラ)またはテグオと呼ぶ。顔付きはスケトウダラに似ているが、体の前のほうが厚ぼったくて尾の方はだんだん平たくなる。上あごが下あごよりもっと前方へ飛び出していて、口を閉じると下あごをくるむ形になる。

タラはさんまやニシンより脂が少ないので味が淡白なのが特色だ。生臭い魚をいやがる人もタラはよく食べる。タラは東海と西海に分布する寒帯性深海魚だが、冬は鎮海(巨済=コジェ)まで下って産卵をする。冬は重さが7.5キロ以上になるタラを最上級とする。巨済島の外浦港は、韓国のタラの漁獲高の60%を占める漁港だ。タラの季節になると、全国の卸売り業者が外浦港に集まる。


 

タラの

医薬品としても使われる肝油はタラの肝から取り出したもので、ビタミンAとDが一番多い。特に目玉は栄養も高く味も逸品で、高級料理に使われる。卵は塩辛(アルジョ)にして食べ、エラと膓も塩辛(チャンランジョ)にする。昔から母乳が出ない母親がタラのスープ(テグタン)を食べたら母乳が多くなるといわれている。また、タラは 100g当たりの熱量が 70カロリー(りんごの基準)のため、ダイエットをする人にもお勧めだし、膵膓疾患がある人、胆石がある人も安心して食べることができる。

 

♧おいしい季節 11月~2月
♧応用事例 タン(汁)、煮物、焼き物、てんぷら、チリ、卵の塩辛

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)