巨済 7味 焼き牡蠣 거제 제 7미 굴구이

巨済の清浄海域の自慢の牡蛎は‘海の牛乳’と呼ばれて、特に男性にはスタミナ食品として、女性には美容食として人気のある食べ物だ。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

ナポレオンも好んだ最高のスタミナ食品!

 

●最高のスタミナ、 焼き牡蠣

巨済の清浄海域の自慢の牡蛎は‘海の牛乳’と呼ばれて、特に男性にはスタミナ食品として、女性には美容食として人気のある食べ物だ。特に牡蛎に含まれた亜鉛成分は、性ホルモンを活性化させる強壮物質として、古代ローマ皇帝たちも力の源泉として牡蛎を好んで食べたという。巨済島で味わうことができる焼き牡蛎は、本格的な牡蛎の出荷時期の冬季を迎えると、安くて質のよい良質の牡蛎をたっぷり食べることができるのが特徴だ。


 

焼き牡蛎は炭火や一般の焼き網で焼く形式ではなく、大きな鉄鍋に牡蛎を一杯に満たして、蒸し焼きにする。煮えた牡蛎は口を開けて白い身を現わす。熱い牡蛎の殻を、手袋をはめて1つ1つ剥いて、酢コチュジャンやソースにつけて食べれば、牡蛎特有の香ばしい味はもちろん、歯ごたえまでも食欲をそそる、珍味中の珍味だ。特に巨済で生産される牡蛎は、アメリカのFDAでも認める程の清浄海域で生産されるため、日本、アメリカなど世界の色々な国に輸出されていて、生牡蛎の刺身、牡蛎の燻製など多様な料理を味わうことができる。寒い冬、潮風と共に熱い焼き牡蛎と焼酒1杯は、愛酒家たちの間では最高の味として評価されている。

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)