巨済 4味 魚粥(オジュク)거제 제 4미 어죽

魚粥は魚を使って煮たお粥だ。内陸では淡水魚を利用して魚粥を煮るが、巨済島では鯛のように油気が少なくて味が淡泊で、生臭さが少ない魚を使う。魚の内臓をとって丸ごと煮て、汁と身をつぶして粥を作る。巨済島はタラで作ったタラ粥も有名だ。タラを乾かした後、身と骨を一緒にすりつぶして煮たお粥で、風邪に特效があると伝えられている。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

生きの良い魚の栄養を、骨のついたまま煮込んだ巨済の珍味

魚粥は魚を使って煮たお粥だ。内陸では淡水魚を利用して魚粥を煮るが、巨済島では鯛のように油気が少なくて味が淡泊で、生臭さが少ない魚を使う。魚の内臓をとって丸ごと煮て、汁と身をつぶして粥を作る。巨済島はタラで作ったタラ粥も有名だ。タラを乾かした後、身と骨を一緒にすりつぶして煮たお粥で、風邪に特效があると伝えられている。


 

魚粥(オジュク)レシピ

♧くろだい魚粥(コムソンドムオジュク)
材料 : くろだい(小さなもの) 5匹、もち米 2カップ、ごま塩、塩少し
作り方:くろだいは鱗と内臓をとり除いてきれいにした後、骨ごと細かく切り刻む。もち米は 3~4時間ほど水に充分にふやかしておく。もち米を煮ている途中で、あらかじめ手入れしておいたくろだいを入れて、かき混ぜながらおかゆを煮た後、塩で塩加減をしてごまをふりかけて食べる。

♧タラ粥(テグジュク)
材料 : 乾かしたタラ 1匹、もち米3カップ、ごまあぶら、塩少し
作り方:タラは内臓をとって、からからに乾かした後、粉にして準備する。もち米は 3~4時間ふやした後、鍋に水を十分に注いでおかゆを煮る。もち米が適当に柔らかくなったら、タラの粉を入れて、杓子でかき混ぜながら煮て盛る。

おいしい季節 : 年中

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)