巨済 3味 ナマズ汁(ムルメギタン)거제 제 3미 물메기탕

ナマズはグニャリとした軟らかい身と醜い顔のため、昔は漁夫たちに魚として扱われていなかった。獲れてもすぐ海に捨てられるという冷遇を受けていた。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

さっぱりした汁と身の柔らかい、冬の特別料理

ナマズはグニャリとした軟らかい身と醜い顔のため、昔は漁夫たちに魚として扱われていなかった。獲れてもすぐ海に捨てられるという冷遇を受けていた。ところが最近はタラ汁と張り合うほどにグルメたちの舌を捕らえている。ナマズもタラのように冬がおいしい季節だ。1年にたった一度、産卵のために沿岸に上って来る。12月~2月にだけ本当の味を楽しむことができる。ナマズ汁は必ず生きたものを煮ることで生臭さがなくなる。タラの身より軟らかくて、一口食べるやいなやさらりと溶ける。汁がさっぱりしていて、二日酔い醒ましに最高だ。

茲山魚譜によれば、"ナマズの身と骨は非常に軟らかくて、味も薄いが、酔いを醒ます"として、二日酔い醒ましに卓越しているという。ナマズはタンパク質と各種ビタミン、硫黄、必須アミノ酸など豊かな栄養を含んでいて、冬の風邪の予防と乾燥した皮膚の美容に非常に優れている。それに脂肪成分は半分にもならないので、ダイエット食品として脚光を浴びている。

ナマズ汁レシピ
ナマズ(ムルメギ)を切って洗う。ナマズ少しと海老、いりこで基本だし汁を作った後、大豆モヤシを洗って整えた後、だし汁を入れて煮る。大根を切って入れて、ナマズとニンニクを入れて煮る。
ナマズが煮える頃、長葱を入れて器に盛ってせりを入れれば完成。

おいしい季節: 11~3

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)