巨済市 東郷平八郎提督 도고 헤이하치로 제독

巨済市長木面松真浦里の後方の山に、日露戦争当時日本海軍司令官だった東郷平八郎の自筆を陰刻した日露戦争・戦勝前記念碑があった。東郷平八郎提督は、日本史を輝かした100人の人物の中で 8位に上がる人物で、日露戦争当時ロシアのバルチック艦隊を撃沈させて、日本では軍神とされる英雄で、普段李舜臣将軍を尊敬していたという。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

東郷平八郎提督

 

●東郷平八郎提督

巨済市長木面松真浦里の後方の山に、日露戦争当時日本海軍司令官だった東郷平八郎の自筆を陰刻した日露戦争・戦勝前記念碑があった。東郷平八郎提督は、日本史を輝かした100人の人物の中で 8位に上がる人物で、日露戦争当時ロシアのバルチック艦隊を撃沈させて、日本では軍神とされる英雄で、普段李舜臣将軍を尊敬していたという。

日露戦争戦勝記念碑

●日露戦争戦勝記念碑

高さ 160cm、 幅 60cmの花崗岩で作られたこの戦勝碑は、 1932年、松真浦に居住していた日本人によって建立され、1905年日本軍がロシアのバルチック艦隊 37隻を釜山沖合で撃沈させたことを記念して立てられた。終戦後、韓国海軍司令部によって撤去されて、現在は巨済市庁に保管されている。

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)