巨済市 長門浦・松眞浦日本城 장문포 송진포 일본성

巨済市長木面松真浦里に 1593年に日本軍たちが積んだ城で、山城のまわりは 420mで高さは 3m、幅は 3.2mだ。城の内には樓閣があったが崩れてしまって、瓦の破片が発見された。規模から見てかなり大きい城だったと推測される。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

吹島記念碑

●松真浦城跡

巨済市長木面松真浦里に 1593年に日本軍たちが積んだ城で、山城のまわりは 420mで高さは 3m、幅は 3.2mだ。城の内には樓閣があったが崩れてしまって、瓦の破片が発見された。規模から見てかなり大きい城だったと推測される。

長門浦城跡

●長門浦城跡

巨済市北の長木湾入口の丘の頂上にある長門浦城も日本軍が積んだ城で、城の周りは710mで、城壁の高さは 3.5mだ。 城壁は大部分毀損されて、城郭の周辺には木と茂みが生い茂っていて、確かな構造と姿を把握しにくい。今はやっと城壁の基壇部だけ残っていて、辺りには瓦のかけらがたくさん散らばっている。

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)