金海市 首露王陵 수로왕릉

金海の象徴的文化遺跡として駕洛国(西暦42年) 始祖大王である首露王陵(国家史蹟73号)があります。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

金海

 

 

金海の象徴的文化遺跡として駕洛国(西暦42年) 始祖大王である首露王陵(国家史蹟73号)があります。
金海金氏、許氏、仁川李氏の始祖であり、駕洛国を創建した首露王の陵です。首露王は(伝説で)卵の中から最初に生まれたので "首露"という名前が付けられたと言われます。
王妃として迎えた許黄玉の故郷であるインドのアユタ国の竜王を表示する2匹の魚が彩色された神魚文様の納陵正門を通って行きます。円型封土墳の外形は見る者に自然に頭を下げるようにする威厳を感じさせます。
崇神閣(神道碑閣)は駕洛国の歴史と崇善殿史が記録されて今の形になりました。

 

金海

 

☆ アクセス

東金海IC→国道14号線→金海市庁→中部警察署→田下橋前右折(加耶の通り)→金海図書館交差点右折→首露王陵

☆ 入場料

▪ 無料

☆ 位置

▪ 慶尙南道海市西上洞

☆ 電話

▪ +82-55-322-1094

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)