金海市 首露王妃陵 수로왕비릉

首露王の王妃・許黄玉は世を去る直前、10人の息子の内2人の息子に自分の姓の許氏を継ぐようにしました。 これが金海許氏の姓の由来になり、そのため金海金氏と許氏は婚姻が禁止されて来ました。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

金海

 

王妃陵(国家史蹟第74号)
首露王の王妃・許黄玉は世を去る直前、10人の息子の内2人の息子に自分の姓の許氏を継ぐようにしました。
これが金海許氏の姓の由来になり、そのため金海金氏と許氏は婚姻が禁止されて来ました。

 

金海

 

そして許王后が船に乗って嫁に来た時、風と風浪を鎮めたという由来が絡んだ鎮風石塔の婆娑石塔からも昔の趣を感じることができます。
新羅流璃王19年(西暦42年)に天から黄金の卵が降ってきて首露王が誕生したという伝説が伝えられる亀旨峰は、元々は亀の頭の形に似ていたといって亀首峰と呼ばれました。
現首露王妃陵がある平坦な位置が亀の体で、西に突き出したのが亀の頭の形をしていると思ってよく見れば良いだろうでしょ。

毎年旧暦3月15日と9月15日、春秋2度にかけて行われる崇善殿祭礼は首露王と王妃の神位を奉安して祭享(祭祀)を奉ずる儀式で、この時は全国の金海金氏と許氏、仁川李氏、儒林(儒学者)など1万名を越える参加客たちが集まってこの日を称えます。

 

☆ アクセス

東金海IC→国道14号線→金海市庁→慶南銀行→金海女子高→首露王妃陵

☆ 入場料

▪ 無料

☆ 位置

▪ 慶尙南道金海市亀山洞

☆ 電話

▪ +82-55-330-3948

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)