金海市 国立金海博物館 국립김해박물관

首露王の王妃・許黄玉は世を去る直前、10人の息子の内2人の息子に自分の姓の許氏を継ぐようにしました。 これが金海許氏の姓の由来になり、そのため金海金氏と許氏は婚姻が禁止されて来ました。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

金海

 

 

1998年7月29日、
国立金海博物館は古代国家のひとつである加耶の文化遺産を集大成するために開館されました。
加耶の建国説話が伝えられる金海市亀旨峰のすそに位置する国立金海博物館は、
加耶の文化財を集約展示していて、同時に釜山・慶南地域の先史時代の文化像と加耶の成長基盤になった弁韓(三韓の1つ、紀元前2世紀~4世紀)の文化遺産を展示しています。

 

金海金海

 

加耶の歴史は他の古代の国々に比べて歴史記録としてあまり残っていません。
そのため加耶の実体は、大部分発掘調査などの考古学的方法によって探し出された古代人たちが残しておいた遺跡と遺物を復元しなければならないが、このような点で国立金海博物館は他の国立博物館と違い、
考古学中心の専門博物館として特性化されています。

 

金海金海

 

☆ 休館

1月1日,毎週月曜日

☆ 観覧時間

▪ 平日 09:00~18:00 / 週末 09:00~19:00 / 夜間開場:  09:00~21:00
(4~10月、週土曜日)

☆ 位置

▪ 慶尙南道金海市亀山洞

☆ 電話

▪ +82-55-325-9332

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)