金海市 紹介 김해시 소개

金海(キメ)は慶尚南道東南部に位置する都市です。加耶文化の発祥地として、加耶は西暦42年に首露王が金官加耶を創建してから、西暦562年の滅亡に至るまで、600余年間古代韓国史に伝わる高句麗、百済、新羅と共に栄えた国であり、鉄の生産システムが揃っていて日本、中国等と海上交流を主導した帝国です。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

金海

 

金海(キメ)は慶尚南道東南部に位置する都市です。加耶文化の発祥地として、加耶は西暦42年に首露王が金官加耶を創建してから、西暦562年の滅亡に至るまで、600余年間古代韓国史に伝わる高句麗、百済、新羅と共に栄えた国であり、鉄の生産システムが揃っていて日本、中国等と海上交流を主導した帝国です。

現在は空港、港湾物流団地と 30分の距離にある北東アジア交通、物流拠点都市であり、金海の主要観光地と金海国際空港を連結する軽電鉄が2011年の開通を控えています。

 

金海

 

金海市は東は釜山広域市の江西区と接していて、北は洛東江(ナクトンガン)を境にして密陽市と接していて、南西方は昌原市と接しています。

1995年金海郡と統合されて都農統合形態の金海市になりました。洛東江と金海平野があり、昔の駕洛(カラク)国の古都として、先史文化と加耶文化をよく保存しています。 釜山と馬山を連結する交通都市であり、金海平野が発達した地域です。

 

面積は463.32km2
人口は約491,277(2009.11)人

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)