金海市 加耶文化お祭 가야문화제

加耶文化祭りは西暦42年に金首露王が駕洛国を建国してから、500余年間鉄器文化と海上交易を土台にして、燦爛たる文化の花を咲かせた昔の先祖が残した文化遺産の精神を振り返りながら、これを通して金海市民たちに矜持と自負心を持たせてました。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

金海市 お祭

 

 

加耶文化祭りは西暦42年に金首露王が駕洛国を建国してから、500余年間鉄器文化と海上交易を土台にして、燦爛たる文化の花を咲かせた昔の先祖が残した文化遺産の精神を振り返りながら、これを通して金海市民たちに矜持と自負心を持たせてました。
一歩進んで世界に加耶文化の優秀性を広く知らせるために、1962年から首露王春享大祭日(陰暦3月15日)に合わせて開催した駕洛文化祭と、加耶文化遺産をユネスコ指定世界文化遺産の登載目標で2年間開催して来た加耶世界文化祝典を統合して、2007年に新しくなった祭りです。

 

金海市 お祭金海市 お祭

 

金首露王が誕生して西暦42年に加耶を建国して、48年にインドのアユタ国の王女・許黄玉と結婚した。これは韓半島の歴史で最初に成り立った国際婚姻でした。加耶は早くから土器と鉄器文化の発達によって、中国、楽浪、日本など隣りの国々と交易して、東北アジアの国際交流の中心地として燦爛たる文化の花を咲かせました。
悠久な歴史と独創的な文化をおさめている加耶文化の発祥地、金海は加耶文化祭りを通して、加耶文化を世界的な文化遺産として保存して、継承発展させ、高句麗、百済、新羅とともに第4の帝国加耶が存在したことを証明しています。

場所: 大成洞古墳群、首陵園
日時: 旧暦3月15日がある週間
URL : http://www.gcfkorea.jp

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)