金海市 金海粉青陶磁器お祭 김해분청도자기축제

加耶文化祭りは西暦42年に金首露王が駕洛国を建国してから、500余年間鉄器文化と海上交易を土台にして、燦爛たる文化の花を咲かせた昔の先祖が残した文化遺産の精神を振り返りながら、これを通して金海市民たちに矜持と自負心を持たせてました。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

金海粉青陶磁器お祭


昔の加耶国の先人たちが使った加耶土器から発展した金海陶磁器を、観光商品として育成、発展させて地域経済活性化をはかるために、陶磁器祭りが毎年10月末頃に開催されています。行事の期間には伝統釜を行事の場所に設置して、たきつけて観光客に陶磁器の生産過程を見せ、釜で焼いた陶磁器を現場で直接競売販売します。また観光客たちが直接参加する、'私が作った陶磁器'コーナーと、陳列した陶磁器を直接選んで珍品の場合本人が持って行って、不良品の陶磁器を選んだ場合その場で割る、珍品名品探しのコーナーは、祭り行事の楽しみを提供して、行事期間中に陶磁器を生産原価で安く販売しています。

 

 

金海粉青陶磁器お祭金海粉青陶磁器お祭

 

この祭りは京畿道利川の青、白磁や全南の康津の青磁祭りと違い、韓国陶磁器史上、一番韓国的な美の原型として評価されている粉青磁器祭りとして行われます。

 

金海粉青陶磁器お祭

 

粉青磁器は青磁から白磁に移る中間段階である15、16世紀に栄えた生活磁器の1つで、不恰好だが形態と文様が自由で、表現が奔放ながらも迫力あふれて、庶民的ながらも芸術性がすぐれた陶磁器として有名です。

場所:慶尙南道金海市進禮面松亭里
主観:海市/(社)金海陶芸協会
電話 : +82-55-345-6036
URL:http://festival.buncheong.net

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)