泗川市 紹介 사천시 소개

泗川(サチョン)市は 398.21㎢の面積に12万名余が住む所であり、去る 1995年に三千浦市と泗川郡が統合されて現在の泗川市になった。西部慶南の海岸に位置しており、北西の方には晋州市と河東郡、南東の方には南海郡と高城郡に接する閑麗水道海上観光圏の中心都市だ。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

泗川(サチョン)市は 398.21㎢の面積に12万名余が住む所であり、去る 1995年に三千浦市と泗川郡が統合されて現在の泗川市になった。西部慶南の海岸に位置しており、北西の方には晋州市と河東郡、南東の方には南海郡と高城郡に接する閑麗水道海上観光圏の中心都市だ。
西部慶南の唯一の泗川空港を含め、全国をつなぐ高速道路網と貿易港を保有する交通の要衝地であり、天恵の自然景観と調和して、韓国の美しい道の大賞に選ばれた昌善・三千浦大橋が、閑麗水道の総合観光コースとして生まれかわった。泗川一般産業団地を始めとする優秀な産業立地を与件に、韓国最初の超音速飛行機である T-50が生産された韓国航空、韓国慶南太陽誘電など先端産業と SPP造船所等、造船産業が広がりつつある希望に満ちた都市だ。
歴史と文化が息づく船津里城を始め、多率寺、世宗胎室(王家で生まれた子の臍の緒などを奉安して標石をたてた)址など、文化財が散在しており、閑麗水道の景観をひと目で見られる三千浦遊覧船観光など、多様な観光資源を保有している。
年中多様で特色ある祭りに、年間 600余万人の観光客が泗川市を訪れ、代表的な祭りとしては 4月の桜の開花の頃に開かれる臥龍文化祭と、夏休みの絶頂期である 8月に国内で唯一の世界打楽の真髄が見られる泗川世界打楽祭り、先端航空宇宙産業都市のイメージにふさわしく各種エアショーが開かれる 10月の泗川航空宇宙エキスポなどで、毎年観光客たちの熱い呼応を受けている。
南海岸時代名実共に海上観光中心都市として、清浄海域でとれる新鮮な海産物と水産物は、他の地域に比べて数段すぐれているという定評があって、市民の皆が真心を込めて観光客を迎える親切で美しい都市だ。

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)