済州中文旅行 제주 중문여행

異国のように美しい浜辺と博物館、小人の国テーマパークが印象的な所

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

済州] 10日間の済州旅行... その五目日... 中文..

 

済州島


期間:2008.4.3 ~ 2008.4.3 (1日)


コンセプト 友人と行く旅行


経路:小人の国テーマパーク → 貨順海岸 → 健康と性博物館 → チョグンモサル-ケッカ → 中文海岸 → ロッテホテル → 新羅ホテル → シュリの丘 → ハイアットリジェンシ → テディベアーミュージアム → アフリカ博物館 →大浦柱上摂理 → 太興里


宿所:太興里 太興里リゾート


特別良かったところ
1. ホテルの海岸散歩道
2. チョグンモサル海岸、ケッカ、 柱上摂理の雄大さ
3. アフリカ博物館の民族公演
4. 大浦柱上摂理

 

旅行アドバイス


参考になるホームページ
小人の国テーマ公園 ホームページ (http://www.soingook.jp/)
健康と性博物館 ホームページ (http://www.sexmuseum.or.kr/)
ロッテホテル済州 ホームページ (http://www.lottehoteljeju.jp/korean/jeju/index_brand.asp)
新羅ホテル ホームページ (http://www.shilla.net/jeju/kr/index.jsp/)
ハイアットリジェンシー済州 ホームページ (http://www.hyattjeju.jp/)
テディーベア博物館 ホームページ (http://www.teddybearmuseum.co.kr/newteddy/)
アフリカ博物館 ホームページ (http://www.africamuseum.or.kr/)


★ 新羅ホテル裏手に位置したシュリの丘... 下に中文の浜辺の風景がおぼろげです...

4月 3日(木)
小人国テーマ公園◆貨順海岸◆健康と性博物館◆ジョグンモサル-ケッカ海岸散歩道(ハイアットリジェンシ-ジョグンモサル-ケッカ-中文海岸-ロッテホテル-風車-オールインの撮影地-新羅ホテル-シュリの丘-ハイアットリジェンシ)◆テディベア博物館◆アフリカ博物館◆大浦柱上節理(ジサッケ)◆太興里=

★ クンヌン浜辺で眺めた日の出...
今朝の暖かい日ざしを受けている漢拏山が、ゆったりとした朝を迎えています。
クンヌン浜辺での最後の朝... 少し遅かったが今日になって荘厳な日の出を見せてくれます。済州西北部と西南部を回って、夕方には私の家のように出入りしたクンヌン浜辺... 今朝もうクンヌン浜辺とお別れで残念です。 

★ 小人国テーマパークの噴水での虹です。
世界の建築文化を一目で見られる... 小人国テーマパークのスローガンです。世界の有名建築物をミニチュアで作った公園です。ミニチュアで世界建築文化を一目に見るには年をとり過ぎたのではないのか... 回っている間中、つまらないという気分がどっと湧いてきた時間... 済州島の団体観光には欠かせない、ここでごった返す人波を避けたい一心で一番先に入って行ったのに、入ってから間もなく団体観光客たちが何列も入って来ました。後ろ手で回って何も感興も感じないで、回らなければならないという義務感で一周していく人々...済州島へ来たら一回で充分だという評価をつけて出口を出ました。

★ 貨順浜辺で眺めた山房山とヨンモリ(竜頭)海岸...

海辺だからか暖かい天気にもかかわらず荒い風が吹きました。きれいな貨順浜辺の緑と漢拏山の峰から投げて作ったという山房山と、凛々しいヨンモリ海岸がよく調和します。

★ 健康と性博物館の中のある体験場の前で...

いやらしいって?健康と性博物館に行ったら、一旦猫かぶりはやめないといけないでしょ?あからさまに喜んでもだめだけど、あまり隠してもいけない性(sex)... 赤裸裸という表現よりは細かい指摘があふれる所でした。健康と性博物館は性(sex)に関する博物館なので、未成年者は入場不可です。個人的には未成年者も何でも知ってる世の中だし、むしろこの博物館を通して健全な性に対する方向性を持たせることができるのでは、という気がしました。

健康と性博物館は、性専門博物館らしく入口には愛と性の歴史をテーマにしたトンネルがあります。古代の多産を象徴するビーナス像から、現代に至るまでの性に対する歴史を一目瞭然できます。全部で6つの展示館で構成され、1館から4館までは生を生きて行くのに必要な性に対する話、5、6館は世界の性の遺物を見ることができます。

1館から4館までは多様な生の良識、感覚と性、生涯を通じる性、セックスファンタジーゾーンで構成されています。障子の穴から先祖の初夜を見物する空間は、見る人に照れくささを感じさせ、結婚と離婚、独身と同性愛、トレンスジェンダーまで、それぞれの生に対する理解をするのに多少役に立ちます。

★ ハイアットリゼンシホテルの裏の、散歩道に沿って行けるジョグンモサル浜辺...
中文団地内の、韓国の主要ホテルの密集した空間は、中文浜辺を中心に素敵な散歩道があります。ハイアットリゼンシホテルから新羅ホテル、ロッテホテルまで歩こうすれば、散歩水準ではないトラッキング水準になったりします。ハイアットリゼンシホテルの裏手には散歩道が左右にのびています。海をみて右側の長い散歩道はジョグンモサル浜辺に降りることができます。透明な海辺の奥に、空を突くよう柱状節理台が広がっています。一名屏風岩と呼ばれる柱状節理台は一枚の絵のようです。少し大粒の砂と玄武岩が絡み合って海岸を作っています。誰もいない浜辺の柔らかい砂に、横になったら私の世界です。

★ ケッカ柱状節理台... 岩壁の高い所に咲いた菜の花が印象的です。
ジョグンモサルを経て西へ行けば、ケッカ柱状節理台に出ます。屏風岩のように高く広がる奇巌絶壁は、決まった形態なしに無秩序だが、全体的にみればまるで仏像を作るために下においた岩の固まりを連想させます。ケッカ柱状節理台は、空で長く伸びた柱状節理のみならず、激しく噴出しようとしてそのまま凍りついたようでもあり、先史遺跡が発見された海蝕洞穴もあります。ジョグンモサルからケッカまで行けば猊來洞に出ることができるし、中文浜辺方へ行くならまた戻らなければなりません。

★ 中文観光団地最高の浜辺.. 中文浜辺...
ジョグンモサルを抜けて、ハイアットリゼンシホテル裏、ベンチの下方へおりれば中文海水浴場に行くことができ、ハイアットリゼンシホテルの横から散歩道を上がれば、新羅ホテルとロッテホテルに続く海岸散歩道が長く続きます。季節にはまだ早い中文海水浴場は、にぎやかな人波の代わりに白い波だけで海岸の砂と静かに混じります。中文海水浴場を端まで行けば、イルカショーで有名なパシフィックランドに着き、反対側は急な階段を上るとロッテ、新羅ホテルを経てハイアットリゼンシに行く海岸散歩道にでます。中文浜辺を歩いた時、絶壁の上の方にあった散歩道。

ロッテホテル前の風車ラウンジ...

★ 菜の花が華やかな後ろに見える新羅ホテル...

★ 新羅ホテル裏手の海岸絶壁の上のシュリの丘から眺めた中文浜辺...
ロッテ-新羅-ハイアットリゼンシホテルに至る海岸散歩道は絶壁にあるため、中文浜辺のきれいな風光を見いっぱい堪能しながら散歩することができます。時間があればジョグンモサル-ケッカに立ち寄った後、中文浜辺を経て反対に絶壁の上の海岸散歩道に沿って帰って来るスケジュールで、時間がなくてもホテルに続く海岸散歩道に沿って歩くのもよさそうです。


★ テディベア博物館入口...
熊の人形だけで作られた博物館... 日程にもなかったテディベア博物館は、やっぱり 「済州に来たついでに」くらいで寄って見ました。テディベアの年はおおよそ100歳が過ぎるそうです。もちろんテディベア人形が最初に誕生した瞬間からの話です。テディベアの誕生は、アメリカの大統領ルーズベルト時代になります。ミシシッピで熊狩りに出かけたルーズベルト大統領が、その日熊を一匹も捕れなくて、これを見た補佐官が幼い熊を連れてきて狩りを勧めましたが、ルーズベルト大統領はずるはしないと逃がしてあげたそうです。

この事実がワシントンポスト紙に漫評で載せられ、モリスミッチョムという人が、自分が作った熊の人形にルードベルト大統領の愛称であるテデ-を付けて、テディベアと名付けて売り出したところ、大きい成功を収めたそうです。この時からテディベアは熊の人形を指す普通名詞になったそうです。


★ 人物テディベアの真ん中がインドのガンジーテディベアです..
テディベア博物館の内部は、テディベアを使って歴史的瞬間を広い博物館いっぱい埋めています。秦の始皇帝の墓の発掘も、ドイツ統一も、済州島の海女ももれなくテディベアが登場します。テディベアが一時代を賑わせた人物に変わります。ゴッホにもなり、モナリザにもなります。人物テディベアで最高の圧巻は、インドのガンジーテディベアではないでしょうか。笑いが自然にこみ上げます。

世界最高価テディベアもここにあります。モナコ競売で2億3千万ウォンに落札したルイヴィトンベアがそれです。一方125カラットテディベアもあります。テディベア全体を高い宝石で飾ったものです。125カラットベアは125カラットの宝石で飾られたテディベアで、毛は純金シルクで、瞳はダイヤモンドとサファイアで、鼻と口は純金糸で、首にかけたメダルは24カラット純金など豪華なテディベアです。

庭園はきれいに造られています。原型広場と名づけられた所には、1950年代ポンティアック一台が、50年代商店を背景にあり、毎時定刻と30分には愛の泉で、テディベアの結婚式が開かれたりします。その外に月の輪熊家族、ピクニック家族、北極グマ湖、黒熊など記念写真撮影するのによい構成になっています。

★ アフリカ博物館の全景...
アフリカ博物館入口に到着すると、土色の巨大な建物が目の前にぐんと立っています。アフリカらしいという気がしました。アフリカ博物館は、マリのゼンネにあるイスラム寺院であるゼンネ大寺院をそのまま移したような建物です。ゼンネ大寺院は元々泥の建物なので、原型に近い姿にするために多くの過程を経て、泥色の建物を作り上げました。アフリカ正確に知らせるための試みは、高い点数に値します。アフリカのジャングルや、凄まじい目つきと原色の派手な装いの原住民も、アフリカは懐かしさよりも好奇心という単語が似合う気がします。
アフリカ博物館には、写真家キム・ジュンマンのアフリカ写真が展示されていて、2階にはアフリカの彫り物や仮面と伝統家屋、生活用品が展示されています。毎日午前11:30、午後 2:30、5:30にはセネガルから来たアフリカ民俗公演団、ゼムベリドムの公演が地下で行われます。アフリカの典型的な打楽器の沸き立つリズム感が30分間の短い公演時間埋めます。韓国のサムルノリのように、アフリカの打楽器リズムも肩をふるわせる魅力があります。

★ 大浦柱上節理の風景...
アフリカ博物館で民俗公演を観て、日が落ちる頃大浦柱上節理をたずねました。コンベンションセンター裏の大浦柱上節理は、ジョグンモサルやケッカの柱状節理に比べて、とても精巧な柱です。柱状節理は火山爆発による熔岩が海岸に流れながら、急激な収縮作用で固まったものであるのに対して、柱状節理は六角形や三角形を成しているそうです。この大浦柱上節理は中文、大浦海岸柱上節理といって、昔の済州島の名前であるジサッケと呼んだりします。この柱状節理は天然記念物443号に指定されています。水がきれいな濃い青緑の海が柱状節理を波打つ姿は壮観だというのに、その日の天気はとても良くて、息の詰まる緊張の瞬間を見ることができませんでした。

 

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)