為替計算機

オススメ観光地

山清郡 山清伝統韓方テーマパーク 산청전통한방테마파크

2010年5月に開館した山清伝統韓方テーマパークは、韓方医学博物館と連携して伝統韓方医学(韓方)のテーマをを5つの区域に分けて構成してある。

山清郡 智異山パルチサン討伐展示館 지리산빨치단토벌기념관

民族の霊山・智異山を中心に朝鮮戦争を前後に暗躍した「パルチサン」という特殊なテーマを発掘、鮮やかな資料を通して国家安保を鼓吹し、アジトの現場を直接体験することができる多様なコースを再現することで、智異山とパルチサンの歴史を振り返ってみるようにした生きた教育の場だ。

山清郡 仇衡王陵 구형왕릉

駕洛国の10代目であった仇衡王の御陵と伝えられている王陵は、仇衡王・九亥、または譲王というが、キム・ユシンの曽祖父だ。

山清郡 浄趣庵 정취암

大聖山頂の絶壁に位置する浄趣庵は、義湘大師が創建したと伝えられていて、浄趣庵の幀画が有名なお寺だ。

山清郡 木綿始培遺址 목화시배유지

ここは高麗時代末に、恭愍王の時の文益漸先生が韓国で初めて綿を栽培した所だ。

山清郡 性徹大宗師生家 성철대종사 생가

山清郡丹城面黙谷里、大田-統営間高速道路の側に性徹和尚の生家と劫外寺がある。

山清郡 南冥曺植遺跡 남명조식유적

朝鮮中期の実践留学の大家である南冥曺植(1501~1572)先生は、嶺南学派の大物であり、学士の里である山清(サンチョン)を代表する人物であり、朝鮮朝廷の明宗(13代、1545~1567年在位)に仁の政治を望むという内容の乙卯丹城疏を送った儒学者だ。

山清郡 大源寺 대원사

韓国の代表的な比丘尼の参禅道場である大源寺は 548年に縁起祖師が創建した山地伽藍の形態の寺で、階段を上がって天王門に至るところが、まるで鶴が羽を広げて多くの衆生たちを仙界に案内するような神秘的な雰囲気をかもし出している。

山清郡 鏡湖江ラフティング 경호강 래프팅

鏡のように清い鏡湖江は、川幅が広く流速が早く、秀麗な自然景観という新種の水上レジャーであるラフティングの条件がそろっている。

山清郡 大韓民国国璽篆刻殿 대한민국국새전각전

智異山天王峰から始まった尾根が東北の端の方向で終わる地点と、白頭山脈の終点であるため、強い気運が絡みあっている王山の裾にある国璽篆刻(こくじ:国の印、てんこく:印を刻むこと)殿は、山清で生産される良いカオリンだけが国璽製作での型枠の必須材料となるため、こちらに建てられ、昔の玉璽(ぎょくじ:皇室の印)を作った伝統的な技法でミン・ホンギュ匠人が大韓民国 4大国璽を製作した所だ。

山清郡 山清韓方医学博物館 산청한방의학박물관

2007年 5月に開館した山清韓方医学博物館は、豊富な見どころと健康体験施設として多くの観光客が訪れており、山清智異山薬草研究発展特区指定により薬草展示場と売り場が設置され、毎年 5月初めには韓方に関する見どころ、食べ物、販売品を通して健康に対する大事さを体験することができる山清韓方薬草祭りが開かれるなど、韓方ウェルビング観光地として引けをとらない所だ。

山清郡 南沙イェダム村 남사예담촌

古色蒼然とした数百年古家が美しい南沙(ナムサ)マウルは、天王峰の脈である熊石峰から発して 10余里を流れて来た水と左青竜、右白虎(風水で主山を背にしたとき、主山からのび出た左と右の支脈)が仲良く一緒になる天恵の自然景勝の地で、立派な人材が多く排出された所だ。つたとつるが一緒に生えている高い石垣、書院、亭、古家ごとに庭を守る香りが床しい数百年経った梅の木が静かに屏の向こうから近寄って来る、伝統韓屋の

山清郡 智異山国立公園 지리산국립공원

愚かな人(愚者)が留まれば賢い人(智者)に変わるという智異山は、金鋼山・韓拏山とともに韓国の三神山の1つで、我が国の最初の国立公園だ。