為替計算機

オススメ観光地

泗川市 緑茶団地 사천 녹차단지

韓国国内で最初の優秀農産物認証(GAP)を獲得、単一段地面積では国内最大規模の50万㎡に達する緑茶団地として栽培された150万種の緑茶の苗は、8 種類に分けられ多種多彩な味と香りを味わえる緑茶として生産されている。

泗川市 李舜臣 海の道 이순신 바닷길

李舜臣 海の道は文禄の役の時、李舜臣将軍が1592年5月29日泗川市龍見面先陣前の海で最初の亀甲船を出船させ日本船13隻を沈没させ勝ち戦した泗川海戦と陣地を構築し一夜を送った 毛自郞浦の歴史性と閑麗水道の美しい自然な眺めにつながる60kmの海道を歩くことが出来る新しい徒歩旅行道

泗川市 三千浦遊覧船観光 삼천포 유람선 관광

遊覧船を利用して三千浦大橋と隣近の島々を見て回って海上観光を楽しむことは、泗川観光の大きい魅力中の1つである。

泗川市 飛兔(ビト)島の干潟 비토도의 간석

飛兔島には月登島、兎島、亀島、木島があり、これは兎と亀と竜王が登場する鼈主薄伝の伝説(竜王の病気を治すため亀が兔の肝を探しに行く話)がある所や、陸地と海の間に1日2回ずつ現われたり消えたりする干潟は、陸上と海上の生態系緩衝作用と沿岸生態系維持物として、立派に保存されていて、自然生態体験観光地として脚光を浴びている。

泗川市 多率寺(タソルサ)다솔사

新羅の智證王(503年)の時に創建した寺で、寺の主山がまるで大将軍が座っているようで、たくさん従えるという意味で多率という名が付けられた。

泗川市 臥龍山のつつじ 와룡산 철쭉

臥龍山(801.4m)は高さが色々な峰が99あり、99蓮花峰と伝えられていて、奇岩怪石と閑麗水道が一目で見られる絶景で、この景色を見に訪れるたくさんの登山客が一年中絶えない。

泗川市 船津里城の桜 선진리성의 벚꽃

壬辰倭乱(文禄・慶長の乱)の時、李舜臣将軍が初めて亀船を出戦させて、日本船13隻を沈没させて勝利をおさめた所で、隣近に泗川朝明軍塚(道指定記念物第80号)など歴史の現場があり、城内 1千余本の桜が満開になれば銀白色に染まり壮観だ。

泗川市 南逸台象岩 남일대 코끼리 바위

新羅時代末の学者、孤雲(別称)・崔致遠先生が南の地で一番の景色だというので南逸台(ナミルデ)と名前をつけ、象が水を飲んでいるような形の象岩と、西部慶南の唯一の貝殻の砂の海水浴場は、避暑のシーズンの休養地として脚光を浴びている

泗川市 実安の日没 실안의 노을

2000年韓国観光公社選定、全国 9大日没の1つとして選ばれた。周辺の竹防簾は泗川の代表的な原始定置網漁業の形態として、こちらで漁獲されるいりこは味と質が優秀だ。

泗川市 昌善・三千浦大橋 창선 삼천포대교

泗川市の大芳洞と南海郡昌善面を連結する総延長 3.4㎞の連陸橋として、5個の橋梁(三千浦大橋、草養大橋、勒島大橋、昌善大橋、ダンハン橋)で構成されていて、それぞれの橋梁が斜張橋、アーチ橋などの工法を違えながら繋がっていて、橋梁展示場として見どころを提供している。