為替計算機

ソウルオススメ観光地

ソウル 漢江遊覧船

遊覧船の種類も様々で、楽しく愉快な「ライブ遊覧船」、高級レストラン顔負けの「漢江クルーズビュッフェ遊覧船」、また最近「朱蒙船」と「海賊船」が登場し話題となり、一般的な「汝矣島→楊花間往復コース」は約1時間ほどの所有時間となっている。

ソウル 仙遊島公園

仙遊島公園は、漢江に浮かぶ島、仙遊島の旧浄水場を再利用して作られた韓国初めてのリサイクル生態公園。

ソウル 弘大前

「弘大前」とは、地下鉄「弘大入口」駅から弘益大学校正門に向かって左右に広がるエリアのこと。ここには個性的なカフェや毎晩インディーズバンドでにぎわうクラブ、ライブカフェやジャズクラブ、ダンスクラブなどが集まっている。

ソウル 大学路

大学路は、大小約100の劇場が集まっている韓国でも有名な劇場の町です。マロニエ公園の野外公演場と風流庭園ではストリート公演が開催され、至る所で肖像画を描く若者の熱気を感じることができます

ソウル COEX

ソウルでもっとも多くの外国人に出会える街。明洞の場合は日本、中国などといった東洋人が多く訪れるのに比べ、梨泰院は西洋人が多く訪れる。

ソウル 梨泰院

ソウルでもっとも多くの外国人に出会える街。明洞の場合は日本、中国などといった東洋人が多く訪れるのに比べ、梨泰院は西洋人が多く訪れる。

ソウル 東大門市場

ソウルのファッションメッカである、東大門市場。高くそびえるビルの間を両手いっぱいに荷物を抱え行き交う人々。

ソウル 南大門市場

ソウル観光においてはずすことのできない南大門市場は朝鮮時代初期に開かれ、買えないものはないと言われるほど品物が非常に豊富。

ソウル 明洞

ソウルを訪れる外国人の中には「ソウルの中心地=明洞」が根付くほどショッピング、フード、ファッション、美容整形などが一度に楽しめるエリアで必ず一回は立ち寄りたい地域。

ソウル Nソウルタワー

ソウルの美しい風景をひと目で見渡すことができる場所。Nソウルタワーにはソウルを一望できる展望台のほか、レストランや記念品売り場などがあり、夜は芸術照明作家のアレクサンドル・コリンカによる「エレクトロニクス・ファイアー(イルミネーションショー)」が繰り広げられる。

ソウル 南山谷韓屋村

南山韓屋村は、朝鮮時代の家屋を移転または復元し、当時のソウルの人々の生活様式を体験できるように造られた場所。家屋だけでなく家具や什器、小物にいたるまで朝鮮時代そのままの姿で展示されており、まるで朝鮮時代にタイムスリップしてきたような気分を味わえる。その他にも様々な伝統文化体験イベントが行われており、韓国の伝統演劇や遊び、婚礼、踊りなどを観覧することができる。

ソウル 南山

韓屋の真髄と美学にふれるには北村韓屋村を訪れてみることがおすすめ。 北村は正式な行政区域ではないが、過去に「清渓川があった鐘路北部の村」という意味で「北村」と呼ばれ、朝鮮時代は王族や高官大尉の高級居住地だった。

ソウル 仁寺洞

韓屋の真髄と美学にふれるには北村韓屋村を訪れてみることがおすすめ。 北村は正式な行政区域ではないが、過去に「清渓川があった鐘路北部の村」という意味で「北村」と呼ばれ、朝鮮時代は王族や高官大尉の高級居住地だった。

ソウル 北村韓屋村

韓屋の真髄と美学にふれるには北村韓屋村を訪れてみることがおすすめ。 北村は正式な行政区域ではないが、過去に「清渓川があった鐘路北部の村」という意味で「北村」と呼ばれ、朝鮮時代は王族や高官大尉の高級居住地だった。

ソウル 清渓川

ソウルには漢江と清渓川というソウルを代表する川が流れている。漢江はソウルを北と南に分けていよう流れ、清渓川はビルに囲まれた都心を流れる。ソウルの中心ともいえる場所を流れる清渓川はまさに都会のオアシスといえるだろう。