為替計算機

ソウルの故宮

ソウル 昌徳宮

昌徳宮は朝鮮時代の歴代王朝が最も長く居住した場所で、朝鮮時代の宮殿文化と韓国建築物の真髄を知ることができる。また、宮殿内には、数百年の巨木が森を作り上げた秘苑もあり、都心で自然の静寂感を味わう事が出来る場所でもある。

ソウル 昌慶宮

昌徳宮は朝鮮時代の歴代王朝が最も長く居住した場所で、朝鮮時代の宮殿文化と韓国建築物の真髄を知ることができる。また、宮殿内には、数百年の巨木が森を作り上げた秘苑もあり、都心で自然の静寂感を味わう事が出来る場所でもある。

ソウル 慶熙宮

慶熙宮は朝鮮後期の離宮として光海君9年(1617年)から建てはじめ1623年に完成。慶熙宮には正殿の崇政殿をはじめ、便殿の資政殿、寝殿の隆福殿、会祥殿など大小の約100棟の建物があった。ソウル市は1987年から慶熙宮跡を発掘し続け、現在は崇政殿などの正殿エリアを復元して2002年から一般公開をしている。

ソウル 徳寿宮

ソウル広場に隣接する徳寿宮は、西洋建築の石造殿をはじめとする近代的な建物と伝統が調和する宮殿として知られている。本来、成宗の兄月山大君の邸宅として建てられたが、壬辰倭乱(文禄の役)で義州に避難していた宣祖が、1593年にこの邸宅を、戦火で荒廃した景福宮のかわりの臨時の王宮とした。

ソウル 景福宮

太祖4年(西暦1395年)に創建された景福宮は朝鮮王朝が開始された場所で、朝鮮時代の長期間にわたり宮殿として使用。このため景福宮は、規模と美しさでは5大宮殿の中で一番に数えられるだけでなく、中世北東アジアの建築技術を極めているとの評価も受けている。